第二仏眼紋の持ち主のお家には座敷童子が!

◆ 手相

以前、ご紹介した「画家の手相」

画家の手相。太陽線が三又で財運線の出てる
私にとって占いは、仕事なのですが趣味でもあります。 風草花にお越し頂いてる方の手相などを施術後に観させて頂いたりするのが なんとも楽しい

 

芸術的才能を示す、立派な太陽線の持ち主の手!

その中で、気になる手の紋が、もう一つ!

 

image214

 

第二仏眼紋です。

 

image215

 

第二仏眼紋についてはコチラ

第二仏眼紋
親指の第一関節に出来る 仏眼紋 ほとんどの本に出ているので、知っている方も多いと思います。 この紋がある人は、優しく情が厚い方で、人へ

 

この手相をお持ちの画家の方が以前、個展を開かれた時、いただいたポスターに描かれていた子供の絵。

おかっぱ頭の女の子で着物を着ていた絵。

 

なんか、見たことあるな~

と、思いまして

この絵のモデルは、いらっしゃるんですか?

と、お聞きしましたら

ううん。
実物の子というのではなく、家にいる「座敷童子」をモデルにしてるのよ~

との、返答!?

 

マジですか!!?

 

以前、ブログで、書いたことがあるのですが、私、以前、似た子を見ているのです。

と、言いますか、家に来たことがあるのです。

 

お休みの日の、午後2時~3時頃。

家にいた時、ドアがドンドン叩かれたのです。

宅急便かな~

って、思ってたら

ドアがバ~~~ンと開いたのです。

えっ!?
鍵かけてたと思うんだが・・・

開いたドアの向こうで、空気が渦を巻いてまして、その中から、ひょっこりと女の子が覗いたのです。

おかっぱ頭で、膝下の着物を着て、下駄を履き。

その下駄のまま家に入ってきまして・・・

おいおい、土足かよ~

と、思ったのですが・・・。

 

いや!問題はそこでなく!!

問題はその、おかっぱの子です(^_^;)

 

近所の子か!?

イヤイヤ、違うよね~

なんだか、これはヤバいかも!?

と、思ってたら、私の周りをグルグル回り始め。

回りながら、時折、私の顔を覗き込むのです。

遊んで欲しいんだなと、感じたのですが

無理!ムリムリ!!!

だって、怖いもの~

と、感じた子と似てたというか、そっくりだったのです。

 

しかし、さすが第二仏眼紋を、お持ちだけあって絵に描けるのですね~

流石です!

 

コメント